コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミカヅキゼニゴケ Lunularia cruciata (L.) Dum.

世界大百科事典 第2版の解説

ミカヅキゼニゴケ【Lunularia cruciata (L.) Dum.】

ミカヅキゼニゴケ科の1属1種の苔類。世界に広く分布するが,日本では山地に見いだされず,人家の周辺の土上や石垣上に群生する。近年,都会を中心に急速に分布を広げ,コケ植物には珍しい帰化植物的な生態を示す。植物体は葉状で長さ1.5~2cm,幅5~8mm,革質で緑色,ややつやがある。葉状体の先端近くに三日月形のくぼんだ無性芽器を生じ,その中に多数の扁平なつづみ形の無性芽ができる。雌雄異株であるが,日本では雌株は未発見で,もっぱら無性芽によって繁殖しているものと思われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android