コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミシュトン戦争 ミシュトンせんそう

世界大百科事典 第2版の解説

ミシュトンせんそう【ミシュトン戦争】

1541年から翌年にかけてヌエバ・ガリシア地方(現在のメキシコ市北西部)で起きたチチメカ族反乱。ヌエバ・ガリシア地方はヌーニョ・デ・グスマン,ついでディエゴ・エルナンデス・デ・プロアーニョに征服されたが,インディアスの中で最も残酷かつ非道な侵略が行われた場所であった。その結果,征服後も虐待を加えられていたチチメカ族は激しい反スペイン感情を募らせていた。副王アントニオ・デ・メンドサの要請でシボラの七都を求めてアメリカ南西部探検に向かうバスケス・デ・コロナドがヌエバ・ガリシア地方のスペイン人を大勢徴発したため,同地方の防備が手薄になったことが反乱の契機となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ミシュトン戦争の関連キーワードヌーニョ・デ・グスマンアルバラド

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android