ミスト(英語表記)mist

翻訳|mist

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミスト
mist

一般にはもやかすみなどと訳されるが,公害用語としては,大気中に浮遊するほぼ 10μm以下の液体微粒子のことをいう。液体が飛沫となったもの,噴霧,蒸気凝縮などが原因で発生する霧,波頭の飛沫などとして自然界に存在するが,大気汚染物質としては硫酸ミスト,硝酸ミスト,クロム酸ミストなどがある。雨核となり,また雨中に取込まれて,酸性またはアルカリ性の雨の原因となる。呼吸で人体に取込まれて悪影響を与えることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

化学辞典 第2版の解説

ミスト
ミスト
mist

気体中に浮遊する液体分子をいう.通常,10 μm 以下の大きさであり,表面張力により球状であるとされている.気体の凝集によって生じる場合と,液体が飛散して生じる場合とがある.大気汚染物質のなかで代表的なものは,硫黄酸化物から生じる硫酸ミストである.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報