コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミツガシワ(三槲) ミツガシワMenyanthes trifoliata; buckbean

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミツガシワ(三槲)
ミツガシワ
Menyanthes trifoliata; buckbean

リンドウ科の水生の多年草北半球の温帯から寒帯に広く分布し,寒地や高地の沼や水辺に生えるが,ときには暖温帯のところどころに残存植物として隔離分布する。地下茎は太く横にはい緑色である。葉は3出複葉で長柄をもち,葉柄基部は鞘状になる。小葉は長さ4~8cmの卵形楕円形で柄はなく,やや厚質で縁に鈍鋸歯がある。夏に,葉間から花茎を出し,総状花序をなして白色または,まれに淡紫色の星形の花を多数つける。萼の先端は5深裂し,花冠は径 1cmあまりで5裂し裂片の内側に白毛を密生する。5本のおしべと1本のめしべがある。果実は球形の 蒴果で,種子は扁球形で光沢がある。葉は健胃剤解熱剤として利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone