コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミツガシワ(三槲) ミツガシワMenyanthes trifoliata; buckbean

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミツガシワ(三槲)
ミツガシワ
Menyanthes trifoliata; buckbean

リンドウ科の水生の多年草北半球の温帯から寒帯に広く分布し,寒地や高地の沼や水辺に生えるが,ときには暖温帯のところどころに残存植物として隔離分布する。地下茎は太く横にはい緑色である。葉は3出複葉で長柄をもち,葉柄基部は鞘状になる。小葉は長さ4~8cmの卵形楕円形で柄はなく,やや厚質で縁に鈍鋸歯がある。夏に,葉間から花茎を出し,総状花序をなして白色または,まれに淡紫色の星形の花を多数つける。萼の先端は5深裂し,花冠は径 1cmあまりで5裂し裂片の内側に白毛を密生する。5本のおしべと1本のめしべがある。果実は球形の 蒴果で,種子は扁球形で光沢がある。葉は健胃剤,解熱剤として利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミツガシワ(三槲)の関連キーワードリンドウ科

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android