コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミミイカ Euprymna morsei; Mimiika bobtail

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミミイカ
Euprymna morsei; Mimiika bobtail

軟体動物門頭足綱ダンゴイカ科。長 5cm,胴幅 3.2cmほどで,雄は雌より小型。胴の背側左右に状の丸い鰭があるのでその名がある。腕は胴より長く,第2腕が最も長い。墨汁嚢の表面に蝶形の1対の発光器があり,ここに発光バクテリアが共生して発光する。北海道以南,中国,フィリピンインド洋まで広く分布し,浅海にすむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミミイカ
みみいか / 耳烏賊
bobtail cuttlefish
[学]Euprymna morsei

軟体動物門頭足綱ダンゴイカ科のイカ。北海道南部以南から日本全国を経て、台湾、フィリピンにまで分布する。外套(がいとう)長は50ミリ、幅30ミリぐらいに達する。ひれは丸く、胴の中ほどについていて「耳」のようである。腕は外套長よりやや長く、吸盤は四列に並んでいる。触腕の吸盤は顕微鏡的で無数にある。外套腔(こう)の中の墨汁嚢(のう)の上には鞍(くら)形をした発光器があり、その中に発光バクテリアが共生していて発光する。沿岸近くにすんでいて、他の雑魚(ざこ)といっしょに漁獲されるが、商業価値は低い。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミミイカの関連キーワードイカ(烏賊)タイ(魚)

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミミイカの関連情報