コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミミイカ ミミイカ Euprymna morsei; Mimiika bobtail

2件 の用語解説(ミミイカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミミイカ
ミミイカ
Euprymna morsei; Mimiika bobtail

軟体動物門頭足綱ダンゴイカ科。胴長 5cm,胴幅 3.2cmほどで,雄は雌より小型。胴の背側左右に耳状の丸い鰭があるのでその名がある。腕は胴より長く,第2腕が最も長い。墨汁嚢の表面に蝶形の1対の発光器があり,ここに発光バクテリアが共生して発光する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミミイカ
みみいか / 耳烏賊
bobtail cuttlefish
[学]Euprymna morsei

軟体動物門頭足綱ダンゴイカ科のイカ。北海道南部以南から日本全国を経て、台湾、フィリピンにまで分布する。外套(がいとう)長は50ミリ、幅30ミリぐらいに達する。ひれは丸く、胴の中ほどについていて「耳」のようである。腕は外套長よりやや長く、吸盤は四列に並んでいる。触腕の吸盤は顕微鏡的で無数にある。外套腔(こう)の中の墨汁嚢(のう)の上には鞍(くら)形をした発光器があり、その中に発光バクテリアが共生していて発光する。沿岸近くにすんでいて、他の雑魚(ざこ)といっしょに漁獲されるが、商業価値は低い。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミミイカの関連キーワード多板類頭足類軟体動物ヤリイカ擬軟体動物後鰓類象水母軟体類イカ(烏賊)ボルボルテラ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミミイカの関連情報