コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミラノのドゥオーモ ミラノのドゥオーモ

1件 の用語解説(ミラノのドゥオーモの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ミラノのドゥオーモ【ミラノのドゥオーモ】

イタリア北西部の都市ミラノ(Milano)の象徴ともいえるドゥオーモ(大聖堂)。世界最大のゴシック様式の大聖堂で、同市街の中心部にある。容積では、フランスのボーヴェ大聖堂に次ぐ世界第2位で、床面積では、バチカンサンピエトロ大聖堂に次いで同じく世界第2位の規模を持つ。1386年に、ミラノの領主ビスコンティ公と大司教アントーニオ・ダ・サルッツォの命により建設が始まり、5世紀のちの19世紀初めに完成した。高さ108mで135本もの尖塔が林立し、外壁には3000を超える聖人の彫刻が施されている。有名な新約聖書モチーフにしたステンドグラスは、15世紀の作品である。聖堂内部には、屋上に登ることができるエレベーターがある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミラノのドゥオーモの関連キーワードミラノスピガ通りナビリオナポカバッレダオスタビラ・オルモメルカンティ広場モンテナポレオーネ通りラ・ピーニャアダリア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone