コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミルトニア Miltonia; pansy orchid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミルトニア
Miltonia; pansy orchid

ラン科ミルトニア属の総称。約 20種から成り,中央アメリカから南アメリカに自生する常緑草本。一般に鉢植えで流通する。コロンビアやエクアドルなどの高所に自生する種は大輪で特に美しく,平開するその花容からパンジー・オーキッドの英名をもつ。扁平な偽鱗茎から線状または線状舌形の葉を頂生。偽鱗茎の基部から花茎を伸ばし,1本の花茎に1~数花をつける。花は萼片 (がくへん) と側花弁がほぼ同形同大。平らで大きな唇弁をもつ。唇弁の基部には小突起があって,その周辺は特徴的な模様で彩られる。この部分は俗に「マスク」と呼ばれる。ミルトニア・ベクシラリア M.vexillariaを交配親にして育種が進められた高地性の品種のほか,低地性の品種も栽培される。夏期冷涼な気候を好み,冬期の最低耐寒温度は 12~15℃。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミルトニア【pansy orchid】

温室で栽培される洋ラン。南米コロンビアからコスタリカ,それにブラジルなどに約20種があり,多くは着生する。バルブは扁平な長卵形。葉はバルブの頂部に8~10枚前後つく。長さ約15cmの花茎に,平開したパンジーのような花を3~5輪つける。ミルトニアは大きく分けると2群になる。一つはコロンビア,エクアドルなどの高地原産のミルトニア・ベキシラリアM.vexillaria Nichols.とそれに近縁な群で,もう一つはブラジル南部の低地にあるミルトニア・スペクタビリスM.spectabilis Lindl.とそれに近縁な群である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ミルトニア【Miltonia】

ラン科ミルトニア属の植物の総称。中南米に約20種がある。着生ラン。扁平な長卵形の球茎の頂に葉をつけ、長い花茎を出してパンジーに似た花を数個開く。日本では観賞用に温室で栽培する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ミルトニアの関連キーワードハミルトン(Sir William Rowan Hamilton)リップマン‐シュウィンガー方程式ブロッホの方程式(量子統計力学)シュレーディンガーの波動方程式ヘルマン‐ファインマンの定理ハイゼンベルクの運動方程式シュレーディンガー方程式ノイマン=ブロッホ方程式ハートリー‐フォック近似ファインマンスペクトルハイゼンベルクモデルオドントグロッサム自発的対称性の破れファインマンの定理コールマンの定理ブリルアンの定理エネルギー固有値化学ポテンシャルフェルミの黄金則ハバードモデル