コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミロン塩基 ミロンえんきMillon’s base

世界大百科事典 第2版の解説

ミロンえんき【ミロン塩基 Millon’s base】

化学式Hg2N(OH)・2H2O。黄色酸化水銀を二酸化炭素を含まない濃アンモニア水と暗所で14日間反応させると鮮黄色沈殿として得られる。比重4.08。立方晶系。a=9.58Å。結晶中では石英に似た構造をもち,石英のSiをNで,またOをHgでおきかえた,次に示すような構造をしている。Nのまわりに4個の水銀原子が正四面体に配位しており,またN-Hg-Nは直線である。OHやH2Oはこの網目構造の中に入りこんでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ミロン塩基の関連キーワード二酸化炭素立方晶系正四面体H2O暗所石英

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android