ムイッズ・ウッディーン・ムハンマド(英語表記)Mu`izz al-Dīn Muḥammad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムイッズ・ウッディーン・ムハンマド
Mu`izz al-Dīn Muḥammad

[生]?
[没]1206
アフガニスタン,ゴール朝統治者。本名はシハーブ・ウッディーン・ムハンマド。兄のギヤース・ウッディーンとともにガズニー朝を滅ぼしてゴール朝を樹立。兄が西方を経営したのに対し,東方のインドの経営にあたり,ガズニーを根拠地として 1175年インドに侵入し,ゴールのムハンマドと称した。兄の死後,この王朝の支配者となったが,ホラズム・シャー朝に攻められ,混乱のうちに暗殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android