コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムカデ類 ムカデるいChilopoda; centipede

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムカデ類
ムカデるい
Chilopoda; centipede

節足動物門ムカデ綱に属する種類の総称。唇脚類とも呼ばれ,ムカデやゲジを含む動物群で,小は 3mm,大は 30cmをこえるが,一般に2~7cm。頭部と胴部に分れ,頭部には触角,大顎,小顎,触顎がある。胴部は 15~177対で,各1対の付属肢をもつが,毒腺が開口する第1対目は顎肢と呼ばれる。一般に湿った地表あるいは地中にすみ,小昆虫類やクモなどを捕食する。雌雄異体で卵生。増節変態あるいは微変態を行なって成長し,その様式により改形類整形類に分けられる。寿命は5~6年。世界で約 3000種,そのうち日本に約 140種あり,ゲジ類,イシムカデ類オオムカデ類ジムカデ類の4目に分類される。 (→多足類 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ムカデ類の関連キーワードムカデ(蜈蚣∥百足)マルピーギ管ムカデエビ類コムカデ類オオムカデアカムカデイシムカデアリ(蟻)節足動物コムカデ結合類気門蜈蚣百足上唇毒虫