コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多足類 たそくるいMyriapoda; myriapod

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多足類
たそくるい
Myriapoda; myriapod

節足動物門のヤスデ類コムカデ類ヤスデモドキ類ムカデ類を一括した名称で,昆虫類に対応して使われる。前3類は生殖孔が第3ないし第4体節に開口していることから前性類 Progoneataとされるのに対し,ムカデ類と昆虫類は生殖孔が体の後方にあるため後性類 Opisthogoneataとされ,多足類というまとめ方は系統分類学的なものではなく,あくまでも便宜的なものであるとされてきたが,最近では多足上綱として扱われている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

多足類【たそくるい】

節足動物のうちムカデ・ヤスデ・エダヒゲムシ・コムカデ類の総称。分類学的には多足上綱をなす。体は多くの体節からなり,頭部に1対の触角があり,多数の歩肢をもつ。気管で呼吸し,マルピーギ管排出する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たそくるい【多足類 myriapoda】

節足動物のうち,ムカデゲジヤスデヤスデモドキコムカデなどの4群を総称する用語。学術用語ではないが,体形的に似たグループをまとめており,便宜的に用いられる。共通する特徴は細長い体形で頭と胴が区別され,頭部に1対の触角がある。胴は同じような構造をした体節が並び,歩肢は10対以上約200対に及ぶ。気管で呼吸し,開放循環系をもち,排出はマルピーギ管で行う。雌雄異体。卵生で変態をするものは脱皮ごとに体節数の増える増節変態である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たそくるい【多足類】

ムカデやヤスデなど、多数の脚をもつ節足動物の総称。分類上はムカデ類は唇脚類、ヤスデ類は倍脚類に類別する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多足類
たそくるい

陸上生活に適応した節足動物のうちで、頭に一対の触角をもつ五綱の動物群のうち、昆虫綱を除いたほかの四綱(少脚(しょうきゃく)綱、倍脚綱、唇脚(しんきゃく)綱、結合綱)をまとめて便宜的によぶ総称。これらの動物は頭部と胴部が区別でき、胴は長く、多くの有肢体節からなり、外見上互いによく似ており、さらに単眼、気管呼吸、開放循環系、マルピーギ管など共通の特徴も多い。外骨格はキチン質か石灰質。一般に雌雄異体で、交尾または精包によって受精された卵を産む。変態は多くは増節変態をするが、唇脚類には微変態だけ行うものもある。しかし、これらは昆虫類と共通する特徴でもあり、分類学的に多足類という名称は意義が薄れている。むしろ少脚類と倍脚類をまとめて双顎(そうがく)類とし、唇脚類、結合類、昆虫類をまとめて三顎(さんがく)類とする説もある。多足類の四綱のうち唇脚類だけが口器に毒づめをもち、完全な肉食動物であり、ほかは腐食性である。[篠原圭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

多足類の関連キーワードヤスデモドキ(擬馬陸)イシノミ(石蚤)ヤスデ(馬陸)生物発生原則日本蜘蛛学会絶滅危惧種陸生動物コトドリ医動物学虫生菌類幼形成熟倍脚類外骨格サソリコムシ気管系少脚類関節肢結合類クモ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多足類の関連情報