コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムスタファ・レシト・パシャ Mustafa Reşid Paşa

世界大百科事典 第2版の解説

ムスタファ・レシト・パシャ【Mustafa Reşid Paşa】

1800‐58
オスマン帝国の政治家。タンジマートの推進者。スルタンマフムト2世(在位1808‐39)にその才能を認められて重用され,1834年以後は,パリおよびロンドンの駐在大使,さらには外務大臣を歴任した。アブデュルメジト1世が即位すると,西欧化改革の必要性をスルタンに説き,タンジマート勅令を起草して,39年10月にそれを公布した。以後,外務大臣,大宰相などの要職を占め続け,オスマン帝国の西欧化に努力するとともに,クリミア戦争後のパリ講和会議にも全権代表として出席し,内政・外交両面でオスマン帝国をリードしていった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ムスタファ・レシト・パシャの関連キーワードジェウデト・パシャフアト・パシャギュルハネ勅令ジヤ・パシャ3月13日シナーシー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android