コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムスタファ・レシト・パシャ Mustafa Reşid Paşa

1件 の用語解説(ムスタファ・レシト・パシャの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ムスタファ・レシト・パシャ【Mustafa Reşid Paşa】

1800‐58
オスマン帝国の政治家。タンジマートの推進者。スルタン,マフムト2世(在位1808‐39)にその才能を認められて重用され,1834年以後は,パリおよびロンドンの駐在大使,さらには外務大臣を歴任した。アブデュルメジト1世が即位すると,西欧化改革の必要性をスルタンに説き,タンジマート勅令を起草して,39年10月にそれを公布した。以後,外務大臣,大宰相などの要職を占め続け,オスマン帝国の西欧化に努力するとともに,クリミア戦争後のパリ講和会議にも全権代表として出席し,内政・外交両面でオスマン帝国をリードしていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ムスタファ・レシト・パシャの関連キーワードインド哲学定率減税水俣病第1次訴訟辛酉教獄正祖勢道政治ドルトン吉雄耕牛濃尾平野プロレスリング

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone