コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムタレ Mutare

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムタレ
Mutare

旧称ウムターリ Umtali。ジンバブエ東部の都市。モザンビークとの国境に近く,標高約 1080mの高地に位置。 1890年頃開拓され,98年ソールズベリー (現ハラレ) とモザンビークのベイラを結ぶ鉄道が通じ,茶,タバコ,畜産物,木材などの集散地として発達。自動車組立て,繊維,パルプなどの工業も盛ん。文教都市でもあり,市街はジャカランダ,ホウオウボクなどの街路樹に縁どられ,風光美にも恵まれる。北方にはイニャンガニ山 (2595m) を含むムトラジ滝国立公園がある。人口7万 5358 (1982) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ムタレ

ジンバブエ東部,モザンビークとの境界に近い都市。金,銅,鉛,タングステンなどの鉱山地帯の商業中心地で,アルコール製造,食品加工なども行われる。ベイラ〜ハラレ間の鉄道に沿い,1899年鉄道開通によって発展した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android