コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムタレ ムタレ Mutare

2件 の用語解説(ムタレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムタレ
ムタレ
Mutare

旧称ウムターリ Umtali。ジンバブエ東部の都市。モザンビークとの国境に近く,標高約 1080mの高地に位置。 1890年頃開拓され,98年ソールズベリー (現ハラレ) とモザンビークのベイラを結ぶ鉄道が通じ,茶,タバコ,畜産物,木材などの集散地として発達。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ムタレ

ジンバブエ東部,モザンビークとの境界に近い都市。金,銅,鉛,タングステンなどの鉱山地帯の商業中心地で,アルコール製造,食品加工なども行われる。ベイラ〜ハラレ間の鉄道に沿い,1899年鉄道開通によって発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ムタレの関連キーワードジンバブエフランシスタウンマランバ大ジンバブエ国立記念物マプングブエグウェログレートジンバブエ遺跡マシンゴジンバブウェグレート-ジンバブエ国立記念物

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ムタレの関連情報