コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムトワラ Mtwara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムトワラ
Mtwara

タンザニア南東部,インド洋にのぞむ港町ムトワラ州州都モザンビーク国境近くに位置。州主産のカシューナッツ,ゴマなどの農産物雲母,塩などを輸出。鉄道はないがリンディまで約 100kmの雨季も交通可能な道路が通じ,国内空港もある。人口約2万。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ムトワラ(Mtwara)

タンザニア南東部、インド洋岸の都市。ムトワラ州の州都。モザンビークとの国境に近い。1940年代、英国植民地政府によって港湾が整備された。カシューナッツの積出港として知られるほか、天然ガスの開発が進められている。ムツワラ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ムトワラの関連キーワードセルーマサシ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android