コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムネモシュネ Mnēmosynē

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムネモシュネ
Mnēmosynē

ギリシア神話の記憶女神。大地ガイアと天ウラノスの母子婚から生れたティタンたちの一人。彼女はゼウスピエリアで9夜続けて交わり,その結果1年後に彼女から生れたのが,9人姉妹のミューズたちであるとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ムネモシュネ

ギリシア神話の記憶をつかさどる女神。ウラノスを父,ガイアを母とするティタン神族の一人だが,オリンポス神族方につき,ゼウスによってムーサたちを産む。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ムネモシュネ【Mnēmosynē】

ギリシア神話で,〈記憶〉を擬人化した女神。ウラノス(〈天〉)とガイア(〈地〉)の娘で,ティタン神のひとり。ティタン神族とゼウスを盟主とするオリュンポス神族が戦ったとき,彼女は一族にくみせず,ゼウスたちの味方をした。のちゼウスとオリュンポス山の東のピエリアで9夜つづけて枕を交わし,詩歌学芸の司たる9柱の女神ムーサ(ミューズ)たちを生んだという。【水谷 智洋】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ムネモシュネの関連キーワードM. プラーツギリシア神話ニーモシネプラーツ比較美学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android