コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムネモシュネ ムネモシュネ Mnēmosynē

3件 の用語解説(ムネモシュネの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムネモシュネ
ムネモシュネ
Mnēmosynē

ギリシア神話の記憶の女神。大地ガイアと天ウラノスの母子婚から生れたティタンたちの一人。彼女はゼウスピエリアで9夜続けて交わり,その結果1年後に彼女から生れたのが,9人姉妹のミューズたちであるとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ムネモシュネ

ギリシア神話の記憶をつかさどる女神。ウラノスを父,ガイアを母とするティタン神族の一人だが,オリンポス神族方につき,ゼウスによってムーサたちを産む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ムネモシュネ【Mnēmosynē】

ギリシア神話で,〈記憶〉を擬人化した女神。ウラノス(〈天〉)とガイア(〈地〉)の娘で,ティタン神のひとり。ティタン神族とゼウスを盟主とするオリュンポス神族が戦ったとき,彼女は一族にくみせず,ゼウスたちの味方をした。のちゼウスとオリュンポス山の東のピエリアで9夜つづけて枕を交わし,詩歌学芸の司たる9柱の女神ムーサ(ミューズ)たちを生んだという。【水谷 智洋】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ムネモシュネの関連キーワードエイレイテュイア太陽神話ティタンニケネメシスヒュギエイアモモス《ギリシア神話》ヘレナ(ギリシア神話)ラドン(ギリシア神話)