コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムハンマド・ビン・トゥグルク Muhammad bin Tughluq

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムハンマド・ビン・トゥグルク
Muhammad bin Tughluq

[生]1290頃
[没]1351
インド,デリー・サルタナットのトゥグルク朝第2代の王 (在位 1325~51) 。トゥグルク朝の最盛期を実現した王であるが,特異な性格で有名。 1327年には都を北のデリーから,1000km以上離れた南のデオギリの地に移し,ダウラターバードと改名した。このとき,多くの人々が移住途上に倒れたと伝えられる。この遷都はうまくいかず,7年後には再びデリーに戻った。治世の後半には,通貨改革の失敗などもあり,国内は乱れた。彼の宮廷には有名な旅行家イブン・バットゥータが滞在し,その旅行記にはムハンマドとその王国に関する多くの記述が含まれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ムハンマド・ビン・トゥグルクの関連キーワードフィーローズ・シャーバフマニー朝バフマン朝インド史

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android