コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルジー朝 ハルジーちょうKhaljī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハルジー朝
ハルジーちょう
Khaljī

インド,デリー・サルタナット 2番目の王朝 (1290~1320) 。トルコ系のハルジー族の武将ジャラール・ウッディーン・ハルジーによって創始された。 1296年その甥アラー・ウッディーン・ハルジーが先王を殺害して王位につくと,ハルジー朝の勢力は強大になった。彼はグジャラート,ラージプターナ地方に遠征し,さらにデカン高原以南のヒンドゥー諸王朝に対しても,マリク・カーフールを将として遠征軍を送るなど,王国の領域を拡大したが,1316年彼が死ぬと急速に衰退した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハルジーちょう【ハルジー朝 Khaljī】

北インドのムスリム諸王朝(デリー・サルタナット)のうち奴隷王朝につづく第2の王朝。1290‐1320年。トルコ系のハルジー族のジャラールッディーン・ハルジーJalāl al‐Dīn Khaljī(在位1290‐96)が建てた王朝である。第2代皇帝アラー・ウッディーン・ハルジー(在位1296‐1316)は事前の測量に基づく貢租徴収方式,徴収にあたっての中間者の排除など,税制上,軍事上の改革を次々に打ち出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ハルジーちょう【ハルジー朝】

インドのデリー諸王朝のうち第二のトルコ系イスラム王朝(1290~1320)。ハルジー(Khaljī)族出身者が創始。ヒルジー朝。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハルジー朝
はるじーちょう
Khalji

インドのデリー・サルタナット五王朝の二番目のトルコ系王朝(1290~1320)。ヒルジーKhilji朝ともよばれる。前代の奴隷王朝の部将ジャラールッディーン・フィーローズJalal al-Din Frz(在位1290~96)が創始者で、その甥(おい)のアラーウッディーン・ムハンマドAl al-Din Muhammad(在位1296~1316)がスルタン位にあった間に、モンゴルの脅威を防ぎ、他のトルコ系、アフガン系諸族を抑えて王朝権力を高めた。14世紀初頭には、3回にわたってデカン地方から南インドに軍を派し、その支配を拡大した。彼は土地所有、徴税制度を改革し、金融、商業の面でも統制経済を強行したが、そのため各地に反乱を誘発して、その死後、王朝権力は急速に衰え始め、トゥグルク朝勢力に倒された。[荒 松雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のハルジー朝の言及

【ギルザイ】より

…この子孫がギルザイである。彼らの一派はインドに入ってデリーにハルジー朝(1290‐1320)を建てた。また1722年にはギルザイのホタキー族の族長ミール・ワイスの子ミール・マフムードMīr Mahmūd(1699‐1725)が,サファビー朝の都イスファハーンを占領した。…

【デリー・サルタナット】より

…デリーに都を置き,ムスリムの君主(スルタン)が支配したため,この名称で呼ばれ,デリー・スルタン朝,デリー諸王朝とも総称される。普通,歴史的には奴隷王朝(1206‐90)に始まり,ハルジー朝(1290‐1320),トゥグルク朝(1320‐1413),サイイド朝(1414‐51),ローディー朝(1451‐1526)までの5王朝,320年間を指していうが,その語の意義上からは,スール朝(1538‐55),ムガル帝国(1526‐38,1555‐1858)までも含んでよい。 前述の5王朝についていえば,最後のローディー朝のみがアフガン系の君主で,他の4王朝の君主はすべてトルコ系である。…

※「ハルジー朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハルジー朝の関連キーワードギヤース・ウッディーン・トゥグルクアミール・ホスローダウラターバードチャンデーラ朝フィルズシャーフィロズシャーチャウルキヤ朝トゥグルク朝デリー諸王朝ホイサラ朝マドゥライヤーダバ朝デリー王朝ワランガルインド史中世社会ギルザイガウル

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android