コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅原為頼 あさはらためより

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浅原為頼
あさはらためより

[生]?
[没]正応3(1290).3.10. 京都
鎌倉時代後期の武士。甲斐源氏小笠原氏の一族。伏見天皇を殺そうと宮中に乱入,自殺。動機は不明だが,持明院・大覚寺両統対立の余波かと考えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅原為頼 あさはら-ためより

?-1290 鎌倉時代の武士。
甲斐(かい)源氏小笠原氏の一族。正応(しょうおう)3年3月,息子らと宮中に乱入して伏見天皇と皇太子を殺そうとしてはたせず,自害した。皇位継承をめぐる大覚寺統持明院統との対立に関連する事件とみられている。通称は八郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

浅原為頼

没年:正応3.3.9(1290.4.19)
生年:生年不詳
鎌倉後期の武士。甲斐源氏小笠原の一族。強弓をよくする勇猛な武士であったが,所領を失って悪党化したため,追捕の対象者として指名手配されていた。正応3(1290)年3月9日夜,息子らと内裏に侵入して伏見天皇と皇太子の所在を求めた。しかし,天皇は女装して春日殿に逃れた。所在探索に失敗した為頼らは,知らせで馳せつけた篝屋役の武士らに包囲され,清涼殿で自害した。事件の背後関係は複雑で,皇位継承に不満を持つ亀山法皇がかかわっているのではないかとうわさされたため,法皇は北条貞時告文を送って事件との関係を否定している。

(佐藤和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あさはらためより【浅原為頼】

?‐1290(正応3)
鎌倉後期の武士。甲斐源氏小笠原氏の一族といわれる。弘安合戦で安達泰盛方につき,その後諸国を流浪して悪党化していた。1290年3月9日,子息等とともに内裏に乱入し,伏見天皇や皇太子の殺害を企てたが,阻まれて清涼殿の天皇の褥(しとね)の上で自殺した。事件の真相は不明だが,皇位継承をめぐる大覚寺統と持明院統との対立に関連することは確実である。【小田 雄三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浅原為頼
あさはらためより
(?―1290)

鎌倉後期の武士。通称八郎。甲斐源氏(かいげんじ)小笠原(おがさわら)氏の支族。強弓大力の武士で、1290年(正応3)3月10日早朝、一族郎従を率いて宮中に乱入し、伏見(ふしみ)天皇を殺害しようとして果たさず、清涼殿で自殺した。為頼が事を起こした動機は明らかでないが、大覚寺(だいかくじ)、持明院(じみょういん)両統の抗争に絡むものとの見方がある。当時も皇位継承に不満をもつ大覚寺統の亀山(かめやま)法皇がこの事件に関係ありとのうわさが流れたが、法皇は幕府に、事件に関係がない旨の誓紙を入れて、事なきを得た。[新田英治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

浅原為頼の関連キーワード中務内侍日記後深草天皇二階堂行藤西園寺公衡鎌倉時代北条盛房

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android