コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メザニン債 めざにんさい Mezzanine Bond

1件 の用語解説(メザニン債の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

メザニン債

証券化商品の中で、信用力が高いが利回りの低いシニア債と信用力は低いが高利回りの劣後債(ジュニア債)の中間に位置する債券。債券やローン債権などから組成される証券化商品は、通常、信用力の度合いで格付けの異なる種類の債券が発行される。メザニン債はその中間に位置する中程度の利回りと格付けを持つもので、機関投資家などを中心に大きな需要がある。ただ、原資産が毀損(きそん)すると順位が高いシニア債の後でなければ利払いと償還が受けられない。このため2007年に米国でサブプライムローンが破綻(はたん)した際には、メザニン債の中にも行き詰まる例が続出しており、リスク面での不透明さが浮き彫りになった。

(熊井泰明 証券アナリスト / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メザニン債の関連キーワード資産担保証券応募者利回り金融保証保険資産担保コマーシャルペーパー流通利回り資産運用利回り証券化商品不動産投資信託(J―REIT)キャップレート Capitalization Rate事業証券化

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メザニン債の関連情報