コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メザニン債 めざにんさいMezzanine Bond

1件 の用語解説(メザニン債の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

メザニン債

証券化商品の中で、信用力が高いが利回りの低いシニア債と信用力は低いが高利回りの劣後債(ジュニア債)の中間に位置する債券。債券やローン債権などから組成される証券化商品は、通常、信用力の度合いで格付けの異なる種類の債券が発行される。メザニン債はその中間に位置する中程度の利回りと格付けを持つもので、機関投資家などを中心に大きな需要がある。ただ、原資産が毀損(きそん)すると順位が高いシニア債の後でなければ利払いと償還が受けられない。このため2007年に米国でサブプライムローンが破綻(はたん)した際には、メザニン債の中にも行き詰まる例が続出しており、リスク面での不透明さが浮き彫りになった。

(熊井泰明 証券アナリスト / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メザニン債の関連情報