メシエ星表(読み)メシエせいひょう

百科事典マイペディアの解説

メシエ星表【メシエせいひょう】

フランスのC.メシエが作った星雲・星団のリスト。1771年に45個をリストにし,その後少しずつ加えて1781年に103個になった。現在でも有名な星雲・銀河・星団はこのカタログ記号(Mを頭につける)で呼ばれることが多い。
→関連項目星表

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メシエせいひょう【メシエ星表 Messier’s catalogue】

フランスの天文学者C.メシエが作った最初の星雲と星団のリスト。すい星と誤認しがちな雲状の天体を記録したのが発端で,1771年に45個,後に少しずつ増加し,後輩のP.F.A.メシャンの発見したものも加えて81年には103個になった。ただし,101番から103番まではメシエ自身が観測確認できなかったもので,この意味ではほんとうのメシエ星表は100番までと考えるのが正しい。20世紀になり,科学史家たちが,観測帳や書簡を調べてさらに7個を追加することを提案した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のメシエ星表の言及

【天文台】より

…75年,木星の衛星の食の観測から光速度を求めたO.C.レーマーの有名な仕事もここで行われた。18世紀に入ると,パリ天文台の観測家たち,例えばN.L.deラカイユは南アフリカへ赴いて南天星の組織的研究を行い,C.メシエは星雲,星団,銀河103個を含むメシエ星表を発表して,恒星・銀河天文学の歴史を開いている。19世紀後半の1876年には,パリ郊外にムードン天体物理天文台を建設し,口径1mの反射,83cmの屈折両望遠鏡や太陽観測装置を備えて新しい活動を開始した。…

※「メシエ星表」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android