コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メソヒップス メソヒップス Mesohippus

2件 の用語解説(メソヒップスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メソヒップス
メソヒップス
Mesohippus

奇蹄目ウマ科の化石属。古第三紀始新世ヒラコテリウム Hyracotherium(→エオヒップス)と新第三紀中新世メリキップス Merychippus の間をつなぐとされる古第三紀漸新世のウマ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メソヒップス

始新世後期〜漸新世中期の化石ウマ。オオカミほどの大きさ。前後肢とも各3本の指があり,中央の指が最も長く強大。化石は米国のサウスダコタネブラスカに多産する。草食。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のメソヒップスの言及

【ウマ(馬)】より

…この時期にはウマ科は他の奇蹄目と異なり,進化速度はおそい。しかし,次の漸新世のメソヒップスMesohippusは前・後趾とも3指となり,次の中新世の初期にかけて,ウマ科の第1回の大放散が見られるなど進化速度ははやまった。つまり,大型化したミオヒップスMiohippusとアンキテリウムAnchitherium,再び小型化したアルカエオヒップスArchaeohippus,巨大なヒポヒップスHypohippusおよびメガヒップスMegahippusなどさまざまなものが現れたことである。…

※「メソヒップス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メソヒップスの関連キーワード貨幣石古第三紀新生代ディアトリマビカリヤヒラコテリウム三池縞馬ウマ(馬)プリオヒップス

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone