コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奇蹄類 きているい Perissodactyla; odd-toed ungulate

6件 の用語解説(奇蹄類の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奇蹄類
きているい
Perissodactyla; odd-toed ungulate

哺乳綱奇蹄目に属する有蹄獣の総称。四肢の第1,5指は例外を除いて退化し,指数が奇数になっている。指行性で,体重はおもに第3指にかかる。爪は半円形の蹄 (ひづめ) となり,歯は草食に適し,長い盲腸をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きてい‐るい【奇×蹄類】

奇蹄目に属する哺乳類の総称。草食性で、第3指(中指)1本を中心につま先立つ形に進化し、走るのに適した体制をもつ。指の数は後肢で1本または3本、前肢では4本のものもあり、ひづめを備える。化石種が多く、ウマサイバクの3科18種が現存する。→偶蹄類(ぐうているい)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

奇蹄類【きているい】

体重が主として第3指にかかる有蹄の草食獣で,指の数がふつう1ないし3で奇数のためこの名がある。第三紀に繁栄したが,現生種は少なく,ウマ科,バク科,サイ科の3科約18種が残存するのみ。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きているい【奇蹄類 odd‐toed ungulates】

ひづめをもった草食,または葉食性の哺乳類の1グループで,後足の指の数がふつう1,または3と奇数のため奇蹄類(奇蹄目)Perissodactylaの名がある。ほとんどひづめだけを地に着けて歩く(蹄行性)。大型の走るのに適した獣で,胴(とくに胸)が長大で四肢が比較的長く,前足の指は1~4本,後足の指は1~3本,それぞれよく発達したひづめを備える。前・後足の第3指が他の指よりも大きく,おもにこの指で体重を支える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きているい【奇蹄類】

奇蹄目に属する哺乳類の総称。後ろ足の指の数が一本か三本で、蹄ひづめをもつ。新生代第三紀に栄えたが、第四紀に入ってからは衰え、現在ではサハラ以南のアフリカと中南米・アジアだけに分布。草食性で、長大な盲腸をもつ。ウマ科・バク科・サイ科の三科に分けられる。 → 偶蹄類

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奇蹄類
きているい
odd-toed ungulates

哺乳(ほにゅう)綱の有蹄類の1目で、後ろ足の指が1本か3本の奇数のためにこの名がある。奇蹄目Perissodactylaの仲間は、ほとんどひづめだけを地につけて歩く蹄行性で、走るのに適した体制をもち、胴(とくに胸)が長く肺が大きい。前腕骨と下腿骨(かたいこつ)は、それぞれ上腕骨と大腿骨よりも長く、前足の中手骨と後ろ足の中足骨が比較的長く、歩幅を大きくとるのに適する。指は前足に1本か3ないし4本、後ろ足に1本か3本しかなく、それぞれよく発達したひづめを備える。前後足の軸は他の指よりも大きい第3指を通り、おもにこの指で体重を支える。鎖骨がないため、前肢はほとんど左右には動かず、前後にのみ動く。後ろ足のかかとにある距骨は、上端が滑車状になっているため、脛骨(けいこつ)との関節の屈曲はきわめて滑らかであるが、下端は平らなので、その下の足根骨(舟状骨)との関節は可動性でない。このため脛骨と後ろ足を偶蹄類ほど強く屈曲することができず、したがって歩幅は偶蹄類に比べると狭い。また踵骨(しょうこつ)は腓骨(ひこつ)と関節しない。頭は臼歯(きゅうし)列が大きいため顔面部が長く、鼻骨は後ろが幅広い。前臼歯は臼歯と同形で四辺形、多くは歯冠部が歯根部よりはるかに長い長歯で、畝(うね)とよばれるエナメル質の隆起部をもつようになり、繊維の多い植物をすりつぶすのに適する。しかし胃は単一で反芻(はんすう)をせず、かわりに盲腸が非常に大きい。胆嚢(たんのう)はない。乳頭は鼠径(そけい)部にあり、陰茎骨がなく、現生のものは骨質の角(つの)を欠く。
 系統的には、踝節(かせつ)類から分かれ出た有蹄類に属し、新生代第三紀の暁新世後期に北アメリカに現れている。次の始新世にはブロントテリウム科、ウマ科、サイ科、インドリコテリウム科(バルキテリウム科)、カリコテリウム科など11科が一斉に現れ、当時の有蹄類のなかでもっとも栄えたが、漸新世(ぜんしんせい)から早くも衰え始め、中新世には6科に減ってしまった。これは、おそらく始新世に現れた、より草食に適した反芻する偶蹄類との競合に敗れたためであろう。現在では、上の臼歯の畝がB字形で指が1本しかないウマ亜目のウマ科(家畜のウマとロバを除けば、アフリカとアジアにプシバルスキーウマ、アフリカノロバ、シマウマ類など1属9種)、上の臼歯の畝がF字形で後ろ足の指が3本のサイ亜目のサイ科(前足の指が3本。アフリカと南アジアにクロサイ、インドサイなど4属5種)とバク科(前足の指が4本。南アジアと中央・南アメリカにマレーバク、アメリカバクなど1属約4種)の3科約18種が残存するにすぎない。[今泉吉典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奇蹄類の関連キーワードバルキテリウムヒラコテリウムウマ(馬)サイ(犀)陰囊オナジャークアッガバク(獏)奇蹄目ウマ科の動物

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone