コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メチルドーパ メチルドーパmethyldopa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メチルドーパ
methyldopa

α-メチルドーパ,アルドメットともいう。抗高血圧剤の一つ。経口投与後4~6時間を最大とする持続的な血圧下降作用を示す。静脈注射をしても,1~2時間は降圧作用が現れない。正常血圧の場合よりも高血圧の場合によく反応する。末梢血管抵抗,心拍数,心拍出量などの減少も示す。経口投与の場合,50%程度が吸収され,多くは未変化か抱合体として尿中に排泄される。投与経路を問わず鎮静作用もみられるが,降圧作用よりも持続は短い。副作用は少いが,起立性低血圧のほか,浮腫,溶血性貧血,肝臓障害,血小板減少症などがあげられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

メチルドーパの関連キーワード交感神経遮断剤自律神経薬