コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メッシュ・マップ めっしゅまっぷmesh map

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メッシュ・マップ
めっしゅまっぷ
mesh map

地表面に方眼線をかけ、各方眼の区域ごとの土地の情報を表示した地図。各種の情報を数値化または記号化して、磁気テープなどに入力しておき、コンピュータを使って、これらをそのまま、または加工して地図の形に表現する。方眼の切り方にはいろいろあるが、日本では、国土地理院発行の縮尺2万5000分の1の地形図を縦・横それぞれ10等分した方眼を「基準メッシュ」としており、この1方眼は約1平方キロメートルにあたる。この基準メッシュだけでなくさまざまなメッシュに基づく各種の土地情報が国土地理院に整備されており、これを利用して土地の開発・利用、防災などに関するメッシュ・マップを作成することができる。[五條英司]
『総務省統計局編・刊『国勢調査に関する地域メッシュ統計地図』各年版』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

メッシュ・マップの関連キーワードコンピュータ・マッピングメッシュマップ数値化地図

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android