メディチ磁器(読み)メディチじき(英語表記)Medici porcelain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メディチ磁器
メディチじき
Medici porcelain

1575年頃~83年までフランチェスコ・マリア・デ・メディチによって,フィレンツェのボボリ庭園内の窯で製作された擬似磁器。ケイ砂,ガラス,水晶粉,ファエンツァの白陶土,ビセンツァの粘土を混合した素地に錫釉をかけて仕上げてあり,外観は磁器に酷似しているためメディチ磁器と呼ばれた。様式は中国磁器,ペルシア陶器,イタリア・マジョリカの影響がみられる混合形式で,コバルトブルーの染付が多い。現存例は約 40点あり,ほかに若干の未確認作品がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android