コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メユール Méhul, Étienne-Nicolas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メユール
Méhul, Étienne-Nicolas

[生]1763.6.22. アルデンヌ,ジベ
[没]1817.10.18. パリ
フランスの作曲家。 J.エーデルマンに師事し,1782年に J.-J.ルソーの歌詞によるカンタータを作曲。 C.グルックの影響を受け 87~1822年に劇的な表現と管弦楽の効果を生かした 40曲以上のオペラ,オペラ・コミックを作曲した。またピアノ・ソナタ,室内楽曲,管弦楽曲なども残し,フランス革命時の国民歌『出征の歌』を作曲したことでも知られている。主作品はオペラ『ジョセフ』 (1807) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メユール【Étienne Nicolas Méhul】

1763‐1817
フランスの作曲家。生地のオルガン奏者を経て,1778年パリに赴く。91年よりオペラ・コミックを次々に発表,《若きアンリ》(1797)の序曲,《ジョゼフ》(1807)などで成功を収めた。また1794年発表した革命歌《出陣の歌Le chant du départ》は大流行し,1830年,48年,70年の革命時にも民衆に愛唱された。1795年パリ音楽院視学官,学士院会員となる。ナポレオン1世に優遇され,多くの作曲の委嘱を受けた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

メユールの関連キーワード1月22日ケルビーニ

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android