メリンダ ディロン(英語表記)Melinda Dillon

20世紀西洋人名事典の解説


1939.10.13 -
米国の女優。
アーカンソー州ホープ生まれ。
シカゴのグッドマン・シアター・スクール、ワシントンのアレナ・ステージで演技を学び、1961年ブロード・ウェイにデビューし、「ワーニャ叔父さん」などをはじめ、多くの舞台に立った。翌’62年の「バージニアウルフなんかこわくない」でトニー賞を受賞。映画デビューは’69年の「幸せはパリで」で、’77年の「未知との境遇」、’81年の「スクープ/悪意不在」でアカデミー助演女優賞候補となった。作品はほかに「Songwriter」(’84年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android