コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メリー ピックフォード Mary Pickford

20世紀西洋人名事典の解説

メリー ピックフォード
Mary Pickford


1893.4.8 - 1979.5.29
米国の女優。
トロント(カナダ)生まれ。
本名グラディス・スミス。
サイレント初期の伝説的なスターで「アメリカの恋人」と言われた。8歳で舞台に立ち、16歳で映画界入りし、「可愛いメリー」と呼ばれ人気を得た。1917年ファースト・ナショナル社と契約、彼女の代表作となった「農場のレベッカ」(’17年)、「小公女」(’17年)、「孤独の生涯」(’19年)等可憐な娘や孤児を演じ、世界的スターとなる。’19年恋人の俳優ダグラス・フェアバンクス、チャプリン等4人で優れた映画制作を目的にユナイテッド・アーチスツ社を設立し、チャプリンの「パリの女性」(’23年)、「黄金時代」(’25年)等を世に送った。’55年自伝「日向と日陰」を出版。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

メリー ピックフォードの関連キーワードフェアバンクス(Douglas Fairbanks)ユナイテッド・アーチスツ[会社]ピックフォードチャップリンアメリカ映画バークリー散り行く花ギッシュ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android