メリー ピックフォード(英語表記)Mary Pickford

20世紀西洋人名事典の解説

メリー ピックフォード
Mary Pickford


1893.4.8 - 1979.5.29
米国の女優。
トロント(カナダ)生まれ。
本名グラディス・スミス。
サイレント初期の伝説的なスターで「アメリカの恋人」と言われた。8歳で舞台に立ち、16歳で映画界入りし、「可愛いメリー」と呼ばれ人気を得た。1917年ファースト・ナショナル社と契約、彼女の代表作となった「農場のレベッカ」(’17年)、「小公女」(’17年)、「孤独の生涯」(’19年)等可憐な娘や孤児を演じ、世界的スターとなる。’19年恋人の俳優ダグラス・フェアバンクス、チャプリン等4人で優れた映画制作を目的にユナイテッド・アーチスツ社を設立し、チャプリンの「パリの女性」(’23年)、「黄金時代」(’25年)等を世に送った。’55年自伝「日向と日陰」を出版。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android