コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メ渓谷自然保護区 メケイコクシゼンホゴク

デジタル大辞泉の解説

メけいこく‐しぜんほごく【メ渓谷自然保護区】

Vallée de Mai Nature Reserve》セイシェル共和国にある自然保護区。セイシェル諸島北東部のプララン島に位置する。島の中央部にある渓谷には世界最大の実をつけるオオミヤシフタゴヤシ)が繁茂し、セイシェルヒヨドリ・セイシェルルリバト・セイシェルタイヨウチョウなど同国固有の珍しい鳥類が生息する。1983年、世界遺産自然遺産)に登録された。バレ‐ド‐メ自然保護区。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界遺産詳解の解説

メけいこくしぜんほごく【メ渓谷自然保護区】

1983年に登録されたセーシェルの世界遺産(自然遺産)。首都ヴィクトリアのあるマヘ島北東のプラスリン島に位置する。この渓谷一帯はプラスリン国立公園の中心部にあたり、4000~5000本のココ・デ・メール(フタゴヤシ)の原生林がある。メ渓谷自然保護区は、直径55cm、重さ20kgに達する世界最大のヤシの実をつける場所として知られ、全世界のフタゴヤシのおよそ4分の1がこの一帯に集中している。この一帯は樹齢100年を越える巨木の原生林となっており、ココ・デ・メールのほか4種類のヤシと28種の植物の固有種が自生している。また、世界三大珍鳥のブラックパロット、セーシェルキアシヒヨドリ、セーシェルルリバトが生息し、カメレオンやアシナシヤモリが生息する豊かな森でもある。こうしたことから自然保護区に指定され、これらの動植物種の保存が図られている。◇英名はVallée de Mai Nature Reserve

出典|講談社世界遺産詳解について | 情報

メ渓谷自然保護区の関連キーワードバレドメ自然保護区メ渓谷自然保護区関口まい佐々木麻衣西山真以佐倉真衣山岸舞彩佐藤麻衣マイマイ自然哲学

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone