コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メ渓谷自然保護区 メケイコクシゼンホゴク

2件 の用語解説(メ渓谷自然保護区の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

メけいこく‐しぜんほごく【メ渓谷自然保護区】

Vallée de Mai Nature Reserve》セイシェル共和国にある自然保護区。セイシェル諸島北東部のプララン島に位置する。島の中央部にある渓谷には世界最大の実をつけるオオミヤシフタゴヤシ)が繁茂し、セイシェルヒヨドリ・セイシェルルリバト・セイシェルタイヨウチョウなど同国固有の珍しい鳥類が生息する。1983年、世界遺産自然遺産)に登録された。バレ‐ド‐メ自然保護区。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

メけいこくしぜんほごく【メ渓谷自然保護区】

1983年に登録されたセーシェルの世界遺産(自然遺産)。首都ヴィクトリアのあるマヘ島北東のプラスリン島に位置する。この渓谷一帯はプラスリン国立公園の中心部にあたり、4000~5000本のココ・デ・メール(フタゴヤシ)の原生林がある。メ渓谷自然保護区は、直径55cm、重さ20kgに達する世界最大のヤシの実をつける場所として知られ、全世界のフタゴヤシのおよそ4分の1がこの一帯に集中している。この一帯は樹齢100年を越える巨木の原生林となっており、ココ・デ・メールのほか4種類のヤシと28種の植物の固有種が自生している。また、世界三大珍鳥のブラックパロット、セーシェルキアシヒヨドリ、セーシェルルリバトが生息し、カメレオンやアシナシヤモリが生息する豊かな森でもある。こうしたことから自然保護区に指定され、これらの動植物種の保存が図られている。◇英名はVallée de Mai Nature Reserve

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メ渓谷自然保護区の関連キーワードスルツエイセーシェルセイシェルツォディロモン・サン・ミシェルマラソン世界遺産登録パリのセーヌ河岸ビンベットカのロック-シェルター群

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone