コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷間の百合 たにまのゆり Le Lys dans la vallée

4件 の用語解説(谷間の百合の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

谷間の百合
たにまのゆり
Le Lys dans la vallée

フランスの小説家バルザックの小説。 1836年刊。彼の小説群『人間喜劇』のなかでも最高傑作の一つ。きまじめで多感な青年フェリックスは,アンドル川の谷間に住む美しいモルソーフ伯夫人アンリエットに魅せられ,愛を告白するが,夫人は妻としての義務からそれを退ける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たにまのゆり【谷間の百合】

《原題、〈フランスLe Lys dans la valléeバルザック長編小説。1835年刊。熱烈に求愛する青年貴族フェリックスにひかれながらも、自制して精神的な愛でこたえる伯爵夫人の内面の悲劇を描く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たにまのゆり【谷間の百合】

バルザックの長編小説。1835年刊。青年貴族の熱烈な求愛に、情熱と倫理の相克に悩みながら精神的な愛でこたえる道を選んだ清楚で貞潔な伯爵夫人の内面の悲劇を描く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

谷間の百合
たにまのゆり
Le lys dans la valle

フランスの作家バルザックの長編小説。1836年刊。虚弱で肉親の愛を知らない青年フェリックスが、舞踏会で思わず美しい肩に接吻(せっぷん)してしまった貴夫人に再会し、アンドル川の谷間のその城館に足しげく通って熱烈な求愛を続けるが、相手のモルソフ夫人は貞潔な母性的愛情でしかこたえず、彼に出世の便宜を図ってやり、社交界での処世術を教えてパリへ送り出す。彼女が危篤(きとく)との報に接して戻った彼は、初めて彼女の告白を聞き、いかに彼女が彼を愛し、欲望と嫉妬(しっと)に苦しんでいたかを知るという悲恋物語である。美しいロアール地方の自然描写と「白百合」のようなモルソフ夫人の清楚(せいそ)さがみごとに調和して、一種象徴的な哀(かな)しみをたたえている。ただし、この物語は後年、功成り名遂げたフェリックスが別の女性に宛(あ)てて書いた恋文のなかで語られるという二重構造をもっていて、バルザックの飽くなき実験精神を証している。[平岡篤頼]
『宮崎嶺雄訳『谷間の百合』全二冊(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

谷間の百合の関連キーワード人間喜劇バルザックゴンクールモーリアック赤い数珠赤い輪バルタザールのとっぴな生活三つの眼マチューリン安士正夫

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone