モアサック(英語表記)Moissac

世界大百科事典 第2版の解説

モアサック【Moissac】

フランス南西部,ケルシー地方タルン・エ・ガロンヌ県の都市で,ガロンヌ川支流タルンTarn川右岸に位置。人口1万1184(1982)。上質な白ブドウの産地。中世には,リヨン,ル・ピュイ,コンクを経てサンチアゴ・デ・コンポステラに至る巡礼路に位置した。サン・ピエール旧修道院は,1047年にクリュニー修道会系列に入り繁栄をみ,建造が相次ぐ。鐘塔兼玄関1階の2本のオジーブの交差する大ボールトはフランス南部での早い例(1120‐25ころ)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android