モコロディ自然保護区(読み)モコロディシゼンホゴク

デジタル大辞泉の解説

モコロディ‐しぜんほごく【モコロディ自然保護区】

Mokolodi Nature Reserve》ボツワナ南東部、首都ハボローネの南西約10キロメートルにある自然保護区。野生動物保護と環境教育を目的として設置。元から生息していたヒョウ、ハイエナ、インパラなどに加え、シロサイ、チーター、キリン、シマウマ、アフリカゾウなどが移入された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android