コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モニミア Monimia

1件 の用語解説(モニミアの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

モニミア【Monimia】

南西インド洋モーリシャス諸島周辺に分布するモニミア科の植物の属名。低木で,4種が報告されている。 モニミアの所属するモニミア科は約40属450種からなる木本性の科で,モクレン目に属し,クスノキ科と密接な類縁関係をもつ。通常,葉は対生で鋸歯があり,雌雄異株のことが多い。花床は多少ともへこみ,そこに多数のおしべとめしべがつくが,時にはめしべが1個にまで減数する。葯は縦裂開または弁開。胚珠は1個。材はクスノキ科に酷似し,建築材として利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モニミアの関連キーワードウシャスキクラデス諸島ココス諸島チャゴス諸島西インド諸島モーリシャスセガ象亀英領チャゴス諸島

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone