コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モノアミン仮説 monoamine hypothesis

家庭医学館の解説

ものあみんかせつ【モノアミン仮説】

 これは「脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンやセロトニンといったモノアミンが躁病(そうびょう)では多すぎ、うつ病では少なすぎる」というものです。うつ病で脳内のモノアミンのはたらきが低下し、躁病でモノアミンのはたらきが亢進(こうしん)することを示す例が多いためうまれました。
 モノアミンを少なくするレセルピンという薬によって、うつ状態がおこることや、モノアミンを増やすモノアミンオキシダーゼ阻害薬がうつ病に効果があることから、この仮説は注目されました。また三環系抗うつ薬はモノアミンの作用を増強し、続いてそれらの受容体数の減少をおこすことがわかっています。
 モノアミン仮説を出発点として、さらに気分障害の機序が解明されつつあります。現在、うつ病ではモノアミンが少なく、その受容体が敏感になっているとされています。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android