コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モノコード モノコードmonochord

翻訳|monochord

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モノコード
monochord

古代ギリシア人やのちの音楽理論家によって音程をはかる用具として用いられた一弦琴。木製の目盛りのついた長い共鳴箱の上に1本の弦を張り,目盛りに合せて駒を移動させて各音程を把握するようになっていた。中世ではマニコードと呼ばれて楽器として扱われ,次第に弦をふやしてクラビコードに発達した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

モノコード(monochord)

両端を固定して1本の弦を張った単弦器。振動を利用して楽器として、あるいは音の実験に用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

モノコード【monochord】

一本の弦を張ったもの。古代には駒の位置を変えて音楽を奏するのに用いられたが、中世以後は主に音の実験に用いられる。一弦琴。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モノコード
ものこーど
monochord英語
monocordeフランス語
monocordoイタリア語

1本の弦を張り、その振動を利用する楽器、器具。モノコルドともいう。弦鳴楽器の始源ともみるべきこの種の楽器は、アジアやアフリカの楽弓や一絃琴(いちげんきん)をはじめとし世界各地でみられるが、ヨーロッパでもすでに紀元前5世紀の古代ギリシアの音律論のなかに記述がある。これはピタゴラスの発明といわれるもので、共鳴器の上に1本の弦を張り、駒(こま)を動かして弦長を変え、求める音高を得る。中世以降、楽器というより正しい音程や基準音を示すための音律測定具として用いられ、近代の電気的・電子的測定機器が実用化される19世紀末までは、演奏現場、教育、音楽研究などの領域で使われた。また中世後期以後は複数の弦で和音も奏せるもの(ポリコードpoly-chords)もつくられた。[川口明子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のモノコードの言及

【クラビコード】より

…鍵盤をもつ弦鳴楽器としては最も古く,構造も簡単で音量も小さい。クラビコードは音律測定用に使われたモノコードmonochord(モノコルドともいい,1本の弦を張り,その振動を利用する楽器または器具)が発展したものといわれる。同時に複数の音が出せるように弦の数が増やされ,駒を動かさなくても求める音の高さが得られるように,オルガンからヒントを得て鍵盤が備えつけられた。…

※「モノコード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モノコードの関連キーワード音律両端

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android