コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一弦琴 いちげんきん

4件 の用語解説(一弦琴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一弦琴
いちげんきん

細長い1枚の木の胴に1本の絹弦を張った弦楽器。「須磨琴」または「板琴」ともいう。胴長約 110cm,幅約 11cm。形は中国の琴に似ており,胴の表面に弦に沿って 12個の徽 (き) をはめて勘所を示す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いちげん‐きん【一弦琴/一×絃琴】

弦楽器の一。長さ約1.1メートルの杉または桐材の胴に、1本の絹糸の弦を張った琴。江戸時代に中国から伝わった。一つ緒(お)。須磨琴(すまごと)。板琴(ばんきん)。独弦琴。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

一弦琴【いちげんきん】

江戸時代に中国より伝来した撥弦(はつげん)楽器。須磨琴(すまごと)とも。木製の胴に1本の弦を張り,右手に爪(つめ)をはめてひく。幕末には流行したが,明治末期以後衰えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いちげんきん【一弦琴】

日本のチター撥弦楽器一絃琴とも書く。板琴(はんきん),須磨琴(すまごと),一つ緒(ひとつお),独弦琴などともいう。1弦の楽器は原始的な構造の楽弓(ミュージカル・ボー)から,共鳴装置を有するものまで広く世界に分布する。また,古代ギリシア以来,ヨーロッパで,おもに正確な音程を得るための道具として用いられた,1本の弦を張ったモノコルド(モノコード)がある。日本の一弦琴は本来細長い1枚の板に弦を張っていたが,現在使われるものは胴の形が中国の(きん)に似てくびれがあり,一木の裏側をくり抜いて裏板を張ったものもある(図)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

一弦琴の関連キーワード伽倻琴弦鳴楽器擦弦楽器ツィター二弦琴撥弦楽器一弦琴・一絃琴ドゥタール琴∥箏チター型弦楽器

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一弦琴の関連情報