一弦琴(読み)いちげんきん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一弦琴
いちげんきん

細長い1枚の木のに1本の絹弦を張った弦楽器。「須磨琴」または「板琴」ともいう。胴長約 110cm,幅約 11cm。形は中国の琴に似ており,胴の表面に弦に沿って 12個の徽 (き) をはめて勘所を示す。一弦琴の歴史は古く,すでに『日本後紀』にみえ,唐代には中国でも独弦琴が行われた。日本では 18世紀の中頃,僧覚峰律師 (麦飯真人) により広められ,幕末にかけて隆盛になったが,明治末年以後衰微した。一弦琴の音楽には,一弦琴のために作曲された本曲 (歌を主とする) と,箏曲や俗曲から一弦琴に移した外曲 (段物などの器楽曲も含む) とがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いちげん‐きん【一弦琴/一×絃琴】

弦楽器の一。長さ約1.1メートルの杉または桐材の胴に、1本の絹糸の弦を張った琴。江戸時代に中国から伝わった。一つ緒(お)。須磨琴(すまごと)。板琴(ばんきん)。独弦琴。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

一弦琴【いちげんきん】

江戸時代に中国より伝来した撥弦(はつげん)楽器。須磨琴(すまごと)とも。木製の胴に1本の弦を張り,右手に爪(つめ)をはめてひく。幕末には流行したが,明治末期以後衰えた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いちげんきん【一弦琴】

日本のチター属撥弦楽器。一絃琴とも書く。板琴(はんきん),須磨琴(すまごと),一つ緒(ひとつお),独弦琴などともいう。1弦の楽器は原始的な構造の楽弓(ミュージカル・ボー)から,共鳴装置を有するものまで広く世界に分布する。また,古代ギリシア以来,ヨーロッパで,おもに正確な音程を得るための道具として用いられた,1本の弦を張ったモノコルド(モノコード)がある。日本の一弦琴は本来細長い1枚の板に弦を張っていたが,現在使われるものは胴の形が中国の(きん)に似てくびれがあり,一木の裏側をくり抜いて裏板を張ったものもある(図)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android