コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一弦琴 いちげんきん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一弦琴
いちげんきん

細長い1枚の木のに1本の絹弦を張った弦楽器。「須磨琴」または「板琴」ともいう。胴長約 110cm,幅約 11cm。形は中国の琴に似ており,胴の表面に弦に沿って 12個の徽 (き) をはめて勘所を示す。一弦琴の歴史は古く,すでに『日本後紀』にみえ,唐代には中国でも独弦琴が行われた。日本では 18世紀の中頃,僧覚峰律師 (麦飯真人) により広められ,幕末にかけて隆盛になったが,明治末年以後衰微した。一弦琴の音楽には,一弦琴のために作曲された本曲 (歌を主とする) と,箏曲や俗曲から一弦琴に移した外曲 (段物などの器楽曲も含む) とがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いちげん‐きん【一弦琴/一×絃琴】

弦楽器の一。長さ約1.1メートルの杉または桐材の胴に、1本の絹糸の弦を張った琴。江戸時代に中国から伝わった。一つ緒(お)。須磨琴(すまごと)。板琴(ばんきん)。独弦琴。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

一弦琴【いちげんきん】

江戸時代に中国より伝来した撥弦(はつげん)楽器。須磨琴(すまごと)とも。木製の胴に1本の弦を張り,右手に爪(つめ)をはめてひく。幕末には流行したが,明治末期以後衰えた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いちげんきん【一弦琴】

日本のチター属撥弦楽器。一絃琴とも書く。板琴(はんきん),須磨琴(すまごと),一つ緒(ひとつお),独弦琴などともいう。1弦の楽器は原始的な構造の楽弓(ミュージカル・ボー)から,共鳴装置を有するものまで広く世界に分布する。また,古代ギリシア以来,ヨーロッパで,おもに正確な音程を得るための道具として用いられた,1本の弦を張ったモノコルド(モノコード)がある。日本の一弦琴は本来細長い1枚の板に弦を張っていたが,現在使われるものは胴の形が中国の(きん)に似てくびれがあり,一木の裏側をくり抜いて裏板を張ったものもある(図)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

一弦琴の関連キーワード二弦琴・二絃琴東南アジア音楽秋沢 久寿栄徳弘 太橆秋沢久寿栄島田 勝子和田 玉邦倉知 しん平野 ヨシ真鍋 豊平山城 一水島田勝子百瀬検校島村安孝倉知しん真鍋豊平一絃の琴二弦琴こと今様

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android