コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モルグ街の殺人 モルグガイノサツジン

6件 の用語解説(モルグ街の殺人の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

モルグがいのさつじん【モルグ街の殺人】

《原題The Murders in the Rue Morgueポーの短編推理小説。1841年発表。パリのモルグ街で発生した、母親と娘の密室殺人事件を描く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

モルグ街の殺人

1971年製作のアメリカ映画。原題《Murders in the Rue Morgue》。エドガー・アラン・ポーの同名小説の映画化。劇場未公開。監督:ゴードン・ヘスラー。

モルグ街の殺人

1932年製作のアメリカ映画。原題《The Murders in the Rue Morgue》。エドガー・アラン・ポーの同名小説の映画化。監督:ロバートフローリー

モルグ街の殺人

米国の作家エドガー・アラン・ポーの短編ミステリー(1841)。原題《The Murders in the Rue Morgue》。パリのモルグ街で発生した母娘の密室殺人事件にオーギュスト・デュパンが挑む。1932年のロバート・フローリー監督以降、何度も映画化されている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

モルグがいのさつじん【モルグ街の殺人】

アメリカの作家ポーの推理小説。1841年発表。パリのモルグ街で発生した母娘殺人事件の真相を天才探偵デュパンが解明する。探偵小説の祖といわれる作品。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モルグ街の殺人
もるぐがいのさつじん
The Murders of the Rue Morgue

アメリカの詩人・作家、ポー最初の短編推理小説。1841年4月発表。パリ、モルグ街のアパルトマン2階で母親と娘が惨殺されるが、犯人の手掛りをつかめないまま、迷宮入りになろうとする。そこへ素人(しろうと)探偵デュパンが登場し、多くの人が妙な声を聞いたこと、凶悪殺人事件にしては動機が欠けていること、2階の窓からしか侵入経路がないこと、娘の首を絞めた手の跡が異常に大きいことなどから、真犯人が人間でなくオランウータンである事実をつきとめる。これは密室トリックを利用し、素人探偵を登場させ、本格的推理の手順を踏んで事件を解決する世界最初の推理小説である。[八木敏雄]
『八木敏雄訳『黄金虫・黒猫・アッシャー家の崩壊他五篇』(講談社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モルグ街の殺人の関連キーワード黒猫アッシャー家の崩壊犬嫌いウォー・チーフエドガー・アラン・ポー赤死病の仮面盗まれた手紙歩道に血を流してマリー・ロジェの謎ルータ王国の危機

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone