コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モルヒネ徐放剤 モルヒネじょほうざい

1件 の用語解説(モルヒネ徐放剤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モルヒネ徐放剤
モルヒネじょほうざい

1日 12時間効果が持続し,外来でも処方可能な硫酸モルヒネ製剤。末期癌患者の激しい痛みを適応とする。難溶性のフィルムで錠剤がコーティングされており,主成分であるモルヒネを徐々に放出するので,1日2回の服用で済む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モルヒネ徐放剤の関連キーワード助産師外来標準時間硫酸モルヒネ院外処方箋間が持てない持続的感染ヴィーン効果休止時間効果時間効果ブロッホの法則(生理学)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone