コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モル分率 モルぶんりつmole fraction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モル分率
モルぶんりつ
mole fraction

物質量分率 amount fractionともいう。混合系の組成を示す方法の1つ。成分A,B,C,…の物質量をそれぞれ,nAnBnC ,…とするとき,成分Aのモル分率は nA/(nAnBnC+…) の形で示される。理論化学の分野でよく用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

モル‐ぶんりつ【モル分率】

溶液あるいは混合物中のある成分の濃度の表し方の一。ある成分のモル数と全成分のモル数との比。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

モル分率【モルぶんりつ】

濃度の表示法の一つ。2成分または多成分からなる物質系中のある化学成分のモル数を,全化学成分のモル数の和で割った値。直接に分子数と関連づけられるため理論的扱いに際しよく用いられる。
→関連項目濃度(化学)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モルぶんりつ【モル分率 mol fraction】

混合物の組成を表す量の一つ。成分1,2,……,i,……,νを含む混合物において,各成分の物質量がそれぞれn1,n2,……,ni,……,nν(単位はモル)であるとき,xini/(n1n2+……+ni+……+nν)で与えられるxiを成分iのモル分率と定義する。混合物中の各成分のモル分率の総和は1に等しい。化学熱力学の理論においては最も基本的な組成の表し方になっている。【玉虫 伶太】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のモル分率の言及

【濃度】より

…混合物の組成を表す量の総称。組成の表示法には,質量パーセント(各成分の質量比),体積パーセント(各成分の体積比),モル分率(各成分の物質量の比)があり,とくに溶液中の溶質の濃度を表すのにはモル濃度(単位体積の溶液中に含まれる溶質の物質量)や質量(または重量)モル濃度(単位質量の溶媒に溶かした溶質の物質量)がよく用いられる。狭い意味で濃度というとモル濃度を指すこともある。…

※「モル分率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モル分率の関連キーワードデューエム‐マルグレスの関係式デュエム=マルグレスの式ルイス‐ランダルの法則ギブズ=デュエムの関係ノルトハイムの法則微分重量分布関係式ファンラールの式混合エントロピーアイクマンの法則マーギュレスの式ヘンリーの法則ラウールの法則ベガードの規則濃度(化学)浸透圧係数ソレー係数蒸気圧降下ゼーゲル式物質量分率実在溶液

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android