コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モロゴロ Morogoro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モロゴロ
Morogoro

タンザニア東部,モロゴロ州の州都。ダルエスサラーム西方約 170km,ウルグル山脈 (2652m) 北麓に位置。ダルエスサラームと鉄道で結ばれ,州主産のコーヒー,綿花,サイザルアサ,ゴムなどの集散地。第1次世界大戦中のドイツ支配時代は地方行政の中心地で,アフリカ人の間ではボーマクーブワ (スワヒリ語で「大城塞」の意) の名で知られた。人口約6万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モロゴロ
もろごろ
Morogoro

東アフリカ、タンザニア中東部、モロゴロ地方の中心都市。人口11万7760(1988センサス)、23万4800(2002推計)。ダルエス・サラームから内陸に延びる鉄道の要地で、道路の分岐点でもある。一帯の開けた農業地域で栽培される綿花やサイザル麻のほか、南東のウルグル山地で採掘される雲母(うんも)の集散地となっている。ソコイネ農科大学の所在地。[赤阪 賢]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

モロゴロの関連キーワードセルーグレートルアハ川ルフィジ川

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android