コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンカゲロウ Ephemera strigata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンカゲロウ
Ephemera strigata

カゲロウ目モンカゲロウ科。大型のカゲロウで,成虫は体長 16mm内外。黄褐色の体に暗黄色透明の翅をもつ。前翅の幅は広く,発達した翅脈と褐色で比較的大きな横帯紋がある。腹背各節にそれぞれ1対の黒褐色の斜条があり,腹端には3本の尾毛をもつ。雄の腹端にある把握器は3節。幼虫は長円筒形,乳白色でやや赤みを帯び,羽毛状の鰓を腹背に並べ,河川流水中の砂泥にもぐって生活している。砂中を進むため脚が短く,また大顎は発達し長い牙状となっている。晩春,成熟すると夕方一斉に羽化しだし,川面上を飛翔する。北海道と本州に分布する。日本には他に近縁種が2種ある。 (→カゲロウ類 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンカゲロウ
もんかげろう / 紋蜉蝣
[学]Ephemera strigata

昆虫綱カゲロウ目モンカゲロウ科に属する昆虫。大形のカゲロウで、幼虫は河川中流にすみ、成虫はその沿岸にみられるが、上流へも飛ぶ。体長・前翅(ぜんし)長とも16ミリ内外。体は黄褐色で、雄の頭部は黒褐色、胸部は暗褐色、腹部は黄褐色で腹部背板の左右に黒褐色の斜条がある。はねは暗黄色透明で、前翅は幅広く、翅脈が発達しており、褐色の横帯紋が中央部前方にある。尾は3本、また雄尾端の把握器は3節。幼虫は流水中の砂泥に潜っており、長円筒形で、大あごは鋭く、長い牙(きば)状となり、外側上方に曲がる。触角には長毛が生え、えらは羽毛状で腹上に並べて置く。尾肢はほぼ等長の3本で、細毛を密に並べる。北海道、本州に分布し、晩春の夕刻に一斉に羽化し、群飛する。モンカゲロウ科Ephemeridaeのカゲロウは、日本からほかに2種が知られている。[山崎柄根]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のモンカゲロウの言及

【カゲロウ】より

…カゲロウ目Ephemeropteraに属する昆虫の総称(イラスト)。モンカゲロウ,ヒラタカゲロウなど数科に分類され,多くの種類がある。しかし古くはトンボ類の古名で,著名な《蜻蛉日記》などでも知られる。…

※「モンカゲロウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モンカゲロウの関連キーワード二条紋蜉蝣六条紋蜉蝣東洋蜉蝣透翅蜉蝣五条蜉蝣紋蜉蝣透蜉蝣

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android