コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンカゲロウ モンカゲロウ Ephemera strigata

2件 の用語解説(モンカゲロウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンカゲロウ
モンカゲロウ
Ephemera strigata

カゲロウ目モンカゲロウ科。大型のカゲロウで,成虫は体長 16mm内外。黄褐色の体に暗黄色透明の翅をもつ。前翅の幅は広く,発達した翅脈と褐色で比較的大きな横帯紋がある。腹背各節にそれぞれ1対の黒褐色の斜条があり,腹端には3本の尾毛をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンカゲロウ
もんかげろう / 紋蜉蝣
[学]Ephemera strigata

昆虫綱カゲロウ目モンカゲロウ科に属する昆虫。大形のカゲロウで、幼虫は河川中流にすみ、成虫はその沿岸にみられるが、上流へも飛ぶ。体長・前翅(ぜんし)長とも16ミリ内外。体は黄褐色で、雄の頭部は黒褐色、胸部は暗褐色、腹部は黄褐色で腹部背板の左右に黒褐色の斜条がある。はねは暗黄色透明で、前翅は幅広く、翅脈が発達しており、褐色の横帯紋が中央部前方にある。尾は3本、また雄尾端の把握器は3節。幼虫は流水中の砂泥に潜っており、長円筒形で、大あごは鋭く、長い牙(きば)状となり、外側上方に曲がる。触角には長毛が生え、えらは羽毛状で腹上に並べて置く。尾肢はほぼ等長の3本で、細毛を密に並べる。北海道、本州に分布し、晩春の夕刻に一斉に羽化し、群飛する。モンカゲロウ科Ephemeridaeのカゲロウは、日本からほかに2種が知られている。[山崎柄根]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のモンカゲロウの言及

【カゲロウ】より

…カゲロウ目Ephemeropteraに属する昆虫の総称(イラスト)。モンカゲロウ,ヒラタカゲロウなど数科に分類され,多くの種類がある。しかし古くはトンボ類の古名で,著名な《蜻蛉日記》などでも知られる。…

※「モンカゲロウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モンカゲロウの関連キーワード陰郎かげろう網目蜻蛉草蜉蝣紅い陽炎水戸黄門外伝 かげろう忍法帖カゲロウアミメカゲロウヒメカゲロウ(姫蜻蛉)クサカゲロウ科

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone