コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンサンミッシェル Mont-Saint-Michel

翻訳|Mont-Saint-Michel

2件 の用語解説(モンサンミッシェルの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

モンサンミッシェル【Mont-Saint-Michel】

フランス、ブルターニュ半島とコタンタン半島との間にあるサンマロ湾奥に位置する小島。八世紀初めに建てられた小礼拝堂を起源とするベネディクト会修道院の建物がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

モンサンミッシェル

仏西部ノルマンディー地方の湾に浮かぶ小島に立つ修道隠干満の差が14メートルに達する干潟が島を囲む。大天使ミカエルのお告げで708年に最初の礼拝堂が建てられたと伝えられる。増改築を重ね、カトリックの巡礼地となった。仏革命後は国の監獄として使用されたが、作家ビクトル・ユーゴーらの呼びかけで修道院として修復され、1874年に歴史的記念物に指定。1979年に湾も含めて世界遺産(文化遺産)に登録された。

(2006-08-24 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モンサンミッシェルの関連情報