コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーガンの公準 モーガンのこうじゅんMorgan's canon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モーガンの公準
モーガンのこうじゅん
Morgan's canon

「節約の法則」「簡潔性の原理」ともいわれる。イギリスの動物学者 C.モーガンによって唱えられた動物の行動解釈に関する主張。「動物の行動がより低次の心的機能結果として解釈できるときには,それを高次の心的機能の結果であると解釈してはならない」とするもので,C.ダーウィンの進化論以降に現れた,動物の行動の擬人的解釈の傾向を是正するのに大きく貢献した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

法則の辞典の解説

モーガンの公準【Morgan's canon】

動物の行動を心理学的に説明する場合,より低次の能力によって生じる活動の結果として解釈可能な行動を,より高次な心的能力の結果として解釈してはならない,というもの.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

モーガンの公準の関連キーワードモーガン(Lloyd Morgan)C.L. モーガン擬人論本能

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android