コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーガンの公準 モーガンのこうじゅん Morgan's canon

2件 の用語解説(モーガンの公準の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モーガンの公準
モーガンのこうじゅん
Morgan's canon

「節約の法則」「簡潔性の原理」ともいわれる。イギリスの動物学者 C.モーガンによって唱えられた動物の行動の解釈に関する主張。「動物の行動がより低次の心的機能の結果として解釈できるときには,それを高次の心的機能の結果であると解釈してはならない」とするもので,C.ダーウィンの進化論以降に現れた,動物の行動の擬人的解釈の傾向を是正するのに大きく貢献した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典の解説

モーガンの公準【Morgan's canon】

動物の行動を心理学的に説明する場合,より低次の能力によって生じる活動の結果として解釈可能な行動を,より高次な心的能力の結果として解釈してはならない,というもの.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モーガンの公準の関連キーワードグラスマンの法則思考の原理倹約の法則磁性の法則耐性の法則地質学の基本原理等価の法則物質恒存の原理平衡移動の原理思考節約の原理

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone