コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モース硬度 Mohs scale of hardness

1件 の用語解説(モース硬度の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

モース硬度【Mohs scale of hardness】

引っ掻き硬度の尺度で,以前から用いられていたものは,1:滑石(タルク),2:石膏(ギプス),3:方解石,4:蛍石,5:燐灰石アパタイト),6:正長石,7:水晶(石英),8:黄玉(トパーズ),9:鋼玉(ルビーサファイア),10:ダイヤモンド,という順であった.

最近改訂されてダイヤモンドの硬度を15とする新しいスケールとなった.次の通りである.

1:滑石(タルク),2:石膏(ギプス),3:方解石,4:蛍石,5:燐灰石(アパタイト),6:正長石,7:ガラス状石英,8:石英,9:黄玉(トパーズ),10:柘榴石(ザクロ石,ガーネット),11:炭化タンタル,12:熔融ジルコニア,13:炭化ケイ素カーボランダム),14:炭化ホウ素,15:ダイヤモンド.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モース硬度の関連情報