モータラ(読み)もーたら(英語表記)Motala

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スウェーデン南部、イョータランド地方の工業都市。人口4万2168(2001)。ベッテルン湖の東岸に位置し、イョータ運河によってバルト海に通ずる。機械、電気製品の工業がある。中世以来、ティングTingとよばれる議会の開催地として知られたが、発展をみたのは19世紀後半、イョータ運河の開通と、鉄道敷設後のことである。1833年にスウェーデン最初の蒸気船が建設された地。運河の岸に機械工業発展の父、フォン・プラーテンvon Platen(1766―1829)の墓がある。

[中島香子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android