コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーリッツブルク城 モーリッツブルクジョウ

2件 の用語解説(モーリッツブルク城の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

モーリッツブルク‐じょう〔‐ジヤウ〕【モーリッツブルク城】

Schloß Moritzburg》ドイツ東部、ザクセン州の州都、ドレスデンの近郊にある城。16世紀半ば、ザクセン選帝侯モーリッツが狩猟のために建造。後に選帝侯フリードリヒアウグスト1世ルネサンス様式からバロック様式に増改築を行った。現在はアウグスト1世専用の馬車のほか、日本や中国、マイセン陶磁器などのコレクションを展示するバロック美術館になっている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

モーリッツブルクじょう【モーリッツブルク城】

ドイツ東部、チェコとの国境に近いザクセン州の州都ドレスデン(Dresden)の北北西約15km、森と水に囲まれた左右対称の美しい宮殿。ザクセン州で最も重要とされているバロック様式の建造物である。もともとは、1542~1546年にかけて、ザクセン大公モーリッツが狩猟用として建設したルネサンス様式の宮殿である。その後、17世紀末から18世紀前半にかけて、ザクセン選帝侯とポーランド国王を兼任した「強健王」フリードリヒ・アウグスト1世(ポーランド王としてはアウグスト2世)の命により、ドレスデンのツヴィンガー宮殿を手掛けたM.D.ペッペルマンの設計で大規模な増改築に着手され、バロック様式の宮殿となった。城のまわりの湖はこのとき人工の池としてつくられた。内部には4つの大広間があり、皮革製の壁紙、豪華な家具、日本の古伊万里、中国、マイセンの陶磁器などで飾られている。大鹿の角のコレクションも圧巻といわれる。城内外が見学できるガイドツアーが用意されている。ドレスデンノイシュタット駅からSバーンに乗り、ラーテボイルオスト(Radebeul Ost)駅でSLに乗り換え、モーリッツブルク(Schloss Moritzburg)駅下車。または、ドレスデンノイシュタット駅前からバスも運行している。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モーリッツブルク城の関連キーワードカンチェンジュンガツィッタウベルヒテスガーデンアルザスロレーヌ東独ザイフェンザクセンアンハルトドレスデン城エルベ[川]ラチブシュ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone