モーリー・エドワード カラハン(英語表記)Morley Edward Callaghal

20世紀西洋人名事典の解説

モーリー・エドワード カラハン
Morley Edward Callaghal


1903 -
カナダ作家
大学で法律を学びジャーナリストを経て、作家となる。1928年の処女作「不思議な逃亡者」以来、「わが愛する物たち」(’34年)、「彼ら地を受けつがん」(’35年)などの一連の長編作品で、人間のモラルの問題をきびしく追求した。短編作家としても優れ「カラハン短編集」(’59年)があり、またヘミングウェイをはじめ「失われた世代」の作家たちと交友があった。カナダの作家の中では、倫理的志向が強く技法的にはもっとも優れた作家であった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android