コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モールの応力円 Mohr's stress circle

1件 の用語解説(モールの応力円の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

モールの応力円【Mohr's stress circle】

主応力が既知の場合に,横断面の応力を決定できるような作図である.弾性体内のある一点において任意の傾きをなす断面に作用する垂直応力およびずり応力を図面上で求めることが可能である.

二次元物体中で,任意の点において主応力 σ1,σ2 が与えられているとする.法線方向がσ1 と θ の角度をなす面上では,垂直応力は

となる.一方,ずり応力 τ は

となるので,この両方から θ を消去すると

となる.これは横軸に σ,縦軸に τ をとると,中心座標((σ1+σ2)/2,0),半径 |(σ1-σ2)/2 | の円となる.この円が,モールの応力円呼ばれるもので,傾き θ の断面に作用する力は,円の中心を通り σ 軸から下向きに2θ だけの角度の直線をひいて,円周との交点の座標から得られる.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

世界大百科事典内のモールの応力円の言及

【粉粒体】より

…粉粒体の内部における主応力をσ12とすれば,この円の上の任意の点Pのσ,τ座標値は,粉粒体内部の任意の面に対して作用する垂直応力とせん断応力の関係を満足している。このような円は粉粒体(あるいは一般に固体)の内部の応力状態を表しており,モールの応力円,またはモール円と呼ばれる。粉粒体が滑りを起こす限界応力状態に対応するモール円をいくつも描くと,その包絡線が得られる。…

※「モールの応力円」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone