モールパ(英語表記)Maurepas, Jean-Frédéric Phélypeaux, Comte de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モールパ
Maurepas, Jean-Frédéric Phélypeaux, Comte de

[生]1701.7.9. ベルサイユ
[没]1781.11.21. ベルサイユ
フランスの政治家。大法官ポンシャルトラン伯の孫。 1723年海相となり,海軍予算の拡充をはかって国内の港湾施設の整備や船舶の増産を推進し,また海軍士官の科学的認識の体得に力を注いだ。 49年ポンパドゥール侯夫人中傷の疑いを受けて失脚。 74年国王ルイ 16世の信任を得て国務大臣として返り咲いたが,政治的偏向が強く,76年 A.テュルゴー,81年 J.ネッケルを退けるなど,有能な人物を生かしきれず,絶対王政の衰亡に拍車をかけた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android