ヤエヤマアオキ(八重山青木)(読み)ヤエヤマアオキ(英語表記)Morinda citrifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤエヤマアオキ(八重山青木)
ヤエヤマアオキ
Morinda citrifolia

アカネ科の常緑小高木。旧大陸熱帯からオーストラリア太平洋諸島の熱帯,亜熱帯海岸に広く分布し,日本では琉球列島小笠原諸島の一部に自生する。若枝は緑色で,大きな葉を対生し,節には緑色で半円形托葉がある。葉は長楕円形で長さ 20~30cm,全縁で光沢のある濃緑色,乾くと黒色になる。葉腋から出る花梗の先に球状の集合花序をつけ,管状白色花が次々に咲く。集合果は長さ3~4cmの楕円体となり,初め緑色であるが熟すと白色に変る。若い集合果をスパイスとして利用する地域もあるが,植物体全体にかなり異臭がある。また,アカネと同様に根から黄色,赤橙色の染料をとることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android